The CARAVAN | KUMAMOTO THE FINAL

2017/05/17
caravan140_con_0.jpg

<The CARAVAN>が最終目的地・熊本で開催したPOP UPをリポート。

全米随一のフリーマーケット「ROSE BOWL FLEA MARKET」の空気をそのままお届けするというコンセプトに掲げ東京・原宿から静岡、名古屋、大阪とPOP UPを開催し、ついに終着点の熊本に到着した「The CARAVAN」。
バイイングした本人が旅を通じてローカルの価値を発信してきた本企画。LAの仕入れから始まり、実に2か月の期間を経て西日本を横断し辿り着いた熊本での様子をお届けします。

caravan140_con_1.jpg

caravan140_con_2.jpg

caravan140_con_3.jpg

4月27日にオープンしたフリークス ストアCOCOSA熊本店の前にヴァナゴンが停車し、ローズボウルさながらのテントを張り厳選されたヴィンテージのPOP UPをスタンバイ。
仕入れから携わったスタッフも売り場に立ち、今回の旅をLAから熊本まで続けたスタッフ渡邊はそのまま熊本店のスタッフとして新たなスタートを切ることに。

caravan140_con_4.jpg

caravan140_con_5.jpg

caravan140_con_6.jpg

FREAK'S STORE熊本店のOPENに合わせてゴールデンウィーク期間に開催された今回のPOP UP。天気にも恵まれ、スタートであるカリフォルニアを思わせるほどの最高のロケーション中多くのお客様に足を運んでいただきました。
また、熊本初出店となるフリークス ストアの店内では、九州のクリエイターとの協業にて生まれた物産展「ROOT KUMAMOTO」を展開。

caravan140_con_7.jpg

caravan140_con_8.jpg

近年注目が集まっている、熊本を拠点とする家具職人でありクリエイターの「grain on skateboards」
座面の取り外しができ、そのままボードとして使うこともできるスツールにブランドアイコンのキーホルダーと、遊び心ある商品を別注。

caravan140_con_9.jpg

昔ながらの古典的な手法で一つ一つ、少量生産で作り上げる「FLOWER ADJUSTMENT」のアートワーク。花本来の魅力と、年月を経て移り変わる美しさを楽しむことができる。

caravan140_con_10.jpg

caravan140_con_11.jpg

親子2代に渡り、熊本でモノ作りを行う職人「OPEN STUDIO」。熊本を拠点としながらも柔軟な発想力と職人気質な側面に根強いファンも多く、都内でも活動の場を広げている。
今回は洋服ブラシとハンガーの廃材を使用した特注の箒を制作。

その他にも各2社とのコラボもあり、今回のOPENを経て地元メディアでも多く取り上げられた別注商品が店内に並んだ。

そして店内外と盛り上がりを見せる中、「THE CARAVAN」の旅の締めくくりはスタッフ渡邊の所属する福岡発インディーズバンド【徒然なりにし天雲】によるキャラバン横でのLIVE。

caravan140_con_12.jpg

caravan140_con_13.jpg

バイオリンを取り入れた独自の構成の、インストポストロックバンド。晴れ渡る空の下、今回のキャラバン道中で書き上げた新曲も含んだおよそ30分のゲリラライブでは多くの聴衆を魅了した。

caravan140_con_14.jpg

caravan140_con_15.jpg

caravan140_con_16.jpg

「THE CARAVAN」、アメリカとローカルの魅力を繋いだ今回の旅。
原宿から熊本までの道のりの中で出会った全ての皆さまに感謝いたします。

新たな出会いと可能性をまた皆様に近いうちにお届けいたします。




【The CARAVAN】バックナンバーはこちら


caravan_con_900.jpg