ALOHA BLOG

lockdown

2020/09/08

ALOHA

ハワイがロックダウンに入ってから10日が過ぎた

ワイキキをはじめ、かなりピリピリしている地域と

そうでない地域では、反応がちょっと異なるようだ

現在のロックダウンでは、

サーフィン、スイミング、ダイビング、そして水に浮くといった

海で遊ぶことは認められている

ビーチやビーチパークを散歩してはいけないが、

IMG_9109.jpeg

海に入るために横切ることはまったく問題ないのだ。

ところが、このルールを知らないのか

知っていてもたかをくくっているのか

ビーチに座ったり、止まったりしている人に対し

ホノルル警察は罰則を設け、5000ドルの罰金を発表した。

ワイキキ周辺のビーチでは、その違反により切符を切られている人が多く

5000ドルを請求された、という声が多く聞かれている。

中にはコンビニエンスストアに行った同乗者を待つために

パーキングに止め、車内にいたドライバーが、

「車内でマスクをつけずに窓を開けて待っていたから」

と警察官に切符を切られた、という話がある。

「公共の場所ではマスク着用がマストだ」、というのがその警官の主張。

これは裁判に持ち込めばなんとかなりそうな気がするが。

新型コロナの拡散を防止する、という役割と

科学的根拠が、マッチしていないような気もする。

一方、ウエストサイドに行ってみると、何とも朗らかだった。

ビーチに佇んでいる人に向かい、早く海に入るか車に戻りなさい、とジェスチャーで伝え

切符を切ることはなかった。

この水曜に2週間となるロックダウン

一向に感染者数は減ることはない。

延長となるのだろうか。

Column Archives