CALIFORNIA

TALKEETNA TO DENALI

2017/10/17

次の停車駅はタルキートナ
小さなデポ、駅舎が前方に見えてきて、
鉄道はスピードを落とす
10分ほどの停車でデポに降りて体をストレッチ

時代を遡ると、"ノーザン・エクスポージャー アラスカ物語"
アメリカTVドラマを思い出すタルキートナの雰囲気



IMG_4641.JPG

IMG_4673.JPG

IMG_4660.JPG

降りる人、乗車する人
荷物の入れ替えに駅員たちが機敏良く動いている
駅の待合室にはちょっとしたお土産もあり、
メローは雰囲気でリラックスできる

タルキートナと聞いて何かを思い起こすができれば、
それはかなりなアラスカ通だと思う

20世紀初頭に金鉱山として栄えたゴールドラッシュ時期は、
かなりの季節労働者が一攫千金を求めて、
タルキートナへ集結したという

IMG_4647.JPG

IMG_4644.JPG

IMG_4667.JPG

また北米最高峰の頂、
デナリへの登頂玄関口としても有名な町であり、
多くのアルピニストが集まる場所でもある

タルキートナには飛行場があり、
デナリの中腹までアルピニストを連れていってくれる

標高6190メートルのデナリ
GMCから発売されている同名の車も迫力がある大きさ
ようは大きな偉大さを感じるデナリということだろう

IMG_4658.JPG

IMG_4671.JPG

IMG_4642.JPG

実際にデナリの言葉の意味は、
先住民族コユコン・アサバスカンの言葉で、
"偉大なもの"を意味するという

デナリという山の名は実は、
近年に正式に変更された名称であり、
以前までの名は第25代アメリカ大統領、
ウィリアム・マッキンリーからとった名称だったという

マッキンリーをデナリに名称を変えた歴史的大統領は、
アメリカ第44代オバマ大統領だった

IMG_4678.JPG

IMG_4643.JPG

デナリは険しい山であり、高緯度に位置していて寒い
夏でも頂上付近の平均気温はマイナス20度だという
しかも気圧が低いために高山病になる確率が高いらしい

そんなデナリへの玄関口タルキートナには、
数日後に車で戻ってくる予定
素敵な歴史あるホテルやクラッシックな町並みに触れるため
小さな歴史博物館も楽しみだ

世界的なアルピニスト、国民栄誉賞、5大陸最高峰登頂
(マッキンリー/エベレスト/モンブラン
/キリマンジャロ/アコンカグア)

植村直己さんの足跡を辿る旅でもある
恐れ多いのは承知であるが、少しでも大和魂を感じたい一心
この物語は数日後に取っておこう

IMG_4749.JPG

IMG_468GHK8.JPG

IMG_4747.JPG

タルキートナを出発して次の停車駅はデナリ国立公園
国立公園内にデポ、駅が存在しているというわけだ

アラスカ鉄道はゆっくり走り出し、
またもや大自然の中をゆっくり進んでゆく

夏が終わり短い秋の季節であるが、
ここまで北上してもまだ気候は暖かい
曇ったり雨が降ったり晴れたりと、
様々なことを体感できる列車の旅

IMG_4684.JPG

IMG_4699.JPG

IMG_4725.JPG

もう少しでデナリ国立公園のデポに到着する
9月中旬過ぎれば近郊のホテルやお土産屋さん、
事実上国立公園も雪のために閉鎖になる
本格的な冬がやってくるからだ

目の前の光景から1ヶ月も経たないうちに、
この場所から人がいなくなるという現実はまさにアラスカだ
停車駅で置いてきぼりにならないように注意ですね

ではまた

Nao Akimoto

Nao Akimoto
VINTAGE BUYER / EVENT DIRECTOR
某セレクトショップのヴィンテージバイヤーとして渡米を繰り返す。その後独立しLAに移住。現在はバイヤー、ディストリビューター、ファッション・イベント『Inspiration』のヴィンテージ・ディレクター、ライフスタイル全般のコーディネーターとして活動中。

Column Archives