CALIFORNIA

ANTELOPE LOWER

2017/05/09

マニア好み、玄人好みと言われるアンテロープ・ロウワー
アッパーのような平坦さはなく、
まさに地上から地下へ降りていくような、
探検に行く感覚だろうか

大地が広いので、
どこが入り口か出口かがわからない

近年はロウワー入り口付近には、
観光客用の日差し避け、
大きな屋根が付いたのでわかりやすいが。。。

DFHHHT.JPG

ロウワー内部の動線は細く狭く、空気はひんやり
ゆっくりと歩きながら大地の切れ目に入り込んでゆく
この時にもし鉄砲水が来たらと思うと恐ろしい

しかし階段を降りたり登ったりしてゆく先の光景は、
予想以上に美しく、豪快で繊細
太陽の光の大切さも十分に身にしみる

SDASDA.jpg

RERER.jpg

なかなか写真では伝わりにくいのは承知だが、
本当に素敵な場所なので是非みなさんにも訪れてほしい
積み重ねたモノ、コトの重さはここにもありました

EWFWEF.JPG

FDEGG.jpg

ロウワーの出口を写真に収めると、こんな感じ
大地の割れ目の間からアリさんのように這い上がるイメージ
この割れ目が長く縦横に続き、
アンテロープ・ロウワーが形成されている

SFDFSDF.jpg

観光的な流れでいくと、
この後に行く場所は当然のコロラド川ほとり
ほとりといっても崖の上からコロラド川を見渡す場所

高い場所が苦手な僕にとって難所の難所
絶景の前に怖くて何も見えない、嬉しさも消えてゆく

ホースシューベンド

コロラド川が馬のひづめを守る蹄鉄のように、
蛇行している様が絶壁から望める観光名所

sdassas.JPG

HHRE.jpg

sadasfa.jpg

ewww.jpg

夕日を背に輝くコロラド川はエメラルドブルーに輝いている
が、とてもとても優雅に眺めていることは出来ない

美しいモノにはトゲがある。。。
この表現ってあっていますか!?

ではまた

Nao Akimoto

Nao Akimoto
VINTAGE BUYER / EVENT DIRECTOR
某セレクトショップのヴィンテージバイヤーとして渡米を繰り返す。その後独立しLAに移住。現在はバイヤー、ディストリビューター、ファッション・イベント『Inspiration』のヴィンテージ・ディレクター、ライフスタイル全般のコーディネーターとして活動中。

Column Archives