CALIFORNIA

NORTH BOUND

2017/10/08

定刻通りの午前8時発
ゆっくり北へ向かってアラスカ鉄道は動き出す

IMG_4553.JPG

僕らの席は2階席の窓が天井まで広がる車内
非常に快適であり、シーズンオフなのか乗客はまばら
こちらにとっては都合の良いことばかり
東の空が雨上がりを照らしてくる

IMG_4557.JPG

IMG_4562.JPG

車内は朝日が眩しいが、見晴らし最高であり、
どこまでも続く大自然を体全体で感じることができ、
車両後部にはデッキがあり自由に外に出ることもできる

短いアラスカの秋の紅葉が素晴らしく、気候も快適
まるで日本の秋の季節を堪能しているかのような、
錯覚におちいってしまうほどの感動

車内にはガイドさんが常駐し、
様々なアラスカの出来事や、
通過してゆくポイントにまつわる小話をしてくれる

IMG_4669.JPG

よって車外からも車内からも、
どちらからでも写真が撮れる優れたアラスカ鉄道というわけ
シャッターチャンスがあり過ぎな状態です

IMG_6283.JPG

IMG_6284.JPG

車内にはレストランも常設されていて、
好きなものを好きな時間に食べることができる
今回は食事付きの旅なので食事時間は決まっているが、
十分時間はあるのでノーストレス

IMG_4585.JPG

IMG_4579.JPG

IMG_4580.JPG

IMG_4583.JPG

トイレも充実した広さであり、
車両の揺れもさほど気にならずでナイス

IMG_4582.JPG

そんな車内散策をしている間にもアラスカ鉄道は走り続ける
ゆっくりながらも針葉樹林や川沿いをしっかりと進む
全ての光景が当たり前だけど、アラスカ
なんとも言い難い気持ちになりながら大自然を駆け抜ける

IMG_4608.JPG

IMG_4609.JPG

IMG_4613.JPG

IMG_4616.JPG

IMG_4617.JPG

途中下車する駅は数駅にしかなく、
街の中を走り抜けている感覚はなく、
ひたすら大自然との対峙

なかなか写真では撮れないのだけど、
川にはサケが泳いでいたり、死んでいたり?していた
ベアー、ムース、
カリブやビーバーは現状では未確認だけど、
確実にこの世界に君臨しているのは間違いない

ビーバーは木を集めて大きな山のような家を作るらしく、
それらしき家、巣は発見できるけどビーバーは発見できない

IMG_4622.JPG

IMG_4623.JPG

IMG_4618.JPG

IMG_4628.JPG

もうそろそろタルーキトナという小さな町に停車する
後日泊まりに戻ってくる町だ
小雨の中での小休憩、
小さな町だけど魅力に満ちている町だ

あ、そういえば波乗りってどうなのだろうアラスカは!?

ではまた

Nao Akimoto

Nao Akimoto
VINTAGE BUYER / EVENT DIRECTOR
某セレクトショップのヴィンテージバイヤーとして渡米を繰り返す。その後独立しLAに移住。現在はバイヤー、ディストリビューター、ファッション・イベント『Inspiration』のヴィンテージ・ディレクター、ライフスタイル全般のコーディネーターとして活動中。

Column Archives