CALIFORNIA

ALASKA RAILROAD

2017/10/04

アラスカ2日目の朝、
大きなブラウンベアーに別れを告げて駅へ急ぐ
外はあいにくの雨だが、止む気配
気温も10度くらいとさほど寒くもない

IMG_6279.JPG

アラスカの夜明けは時差ボケと重なり、
重く気だるく感じるが、
駅にはアラスカ横断鉄道が待ってくれているので、
心は明るく足取りは軽い

これからアンカレッジからフェアバンクスまで、
約580km、12時間に及ぶ鉄道の旅が始まる
日本に例えると東京駅から兵庫県姫路駅の距離感か

22089449_10155717250731649_1313555998492301267_n.jpg

21752400_1655709051166834_4586781995729417379_n.jpg

21433272_1655708747833531_7662588790129525372_n.jpg

乗る前に少しはアラスカ鉄道の歴史を知っておきたい
100年以上前の1904年から汽笛を鳴らしていた、
アラスカ鉄道は幾度の倒産を経て現在に至っている
過去には大きな地震の影響で経営難にもなったそうだ

南のスワードから北のフェアバンクスまで、
全長750kmを主に多種多様の鉱山資源の運送のために、
大きな役割を果たした

その間に金の採掘、ゴールドラッシュや石炭の発掘
各地で街が生まれ商業が生まれたが、
長続きはせずで街は残され、人は去っていたという

しかし現在もアラスカ鉄道は資源と観光客を運びつつ、
アラスカのシンボルとなっている

IMG_4545.JPG

何よりも素晴らしいのが、
全行程がほぼ大自然の中を駆け抜けてゆくこと
アラスカの大自然の中をひたすら走るアラスカ鉄道

沼にはビーバー、川にサーモン、山にはクマやムース、
ヘラジカの群れ、白頭鷲もいるというオンパーレード

しかし見ることが出来ることは不確定、
自然に身を任せてワイルドライフを楽しむしかない

IMG_4544.JPG

IMG_4555.JPG

IMG_4534.JPG


アラスカでは駅をことを駅、ステーションとは呼ばず、
デポと呼ぶらしく、
アラスカ鉄道のアンカレッジのデポは、
外壁が白で素敵な建物だ

IMG_4535.JPG

IMG_4533.JPG

乗車券を購入前にまずは荷物をチェックインする
車内に預けられない大きな荷物を預けるためだ
飛行機のチェックインとほぼ同じ流れ

その後にデポ内で乗車券を購入して出発を待つ
待合室にはアラスカやアラスカ鉄道の歴史が展示され、
お土産屋さんも設置されている

IMG_4537.JPG

IMG_4540.JPG

展示品にアラスカ鉄道の野球チームのユニホーム
寒い地方でも野球はアメリカの国技、最高です

IMG_4538.JPG

IMG_4539.JPG

出発が近づいて来たので鉄道に近づいてゆく
東の朝焼けとのコントラストが素晴らしい

IMG_4547.JPG

さぁ乗り込みますか、アラスカの大地へ

ではまた

Nao Akimoto

Nao Akimoto
VINTAGE BUYER / EVENT DIRECTOR
某セレクトショップのヴィンテージバイヤーとして渡米を繰り返す。その後独立しLAに移住。現在はバイヤー、ディストリビューター、ファッション・イベント『Inspiration』のヴィンテージ・ディレクター、ライフスタイル全般のコーディネーターとして活動中。

Column Archives